ママのための「片付けなくてもいいお家」をご提案。

Correct神戸のブログ

神戸⌂KOBE 整理収納 1級アドバイザーのブログ コレクト神戸

年末の大掃除 企業様事例紹介


こんにちは。

ママのための「片付けなくていいお家」づくりをご提案する整理収納アドバイザーのユカです。



年末にご依頼を頂いた企業様の倉庫整理の事例をご紹介します。
f:id:Yuka3:20200113001523p:plain


まずは、Before
f:id:Yuka3:20200112234351j:plain


このような棚が3つどどん!と置いてある倉庫でした。
こちらの写真は一番奥の棚です。
ダンボールのまま積み上げられていて、大まかな分類は出来ているようですが、誰も把握していないモノが多数。
下段は不要の机が横倒しに!(結構無理やり感満載の保管方法です)

細長い間取りですが、ドアを開けたらいかにも倉庫!雑多な印象があります。
通路にモノをおいているので奥に何が置いてあるのか誰も把握していません。

奥のモノが取り出しにくい!使っていないモノがある!必要なものがすぐに取り出せない!


また、使っていないものが倉庫の大半を占領しているので、よく使うものを通路においてしまうという悪循環。

どうにかしたいとスタッフの方から相談があり、今回作業をさせて頂きました。



問題点としては、
①通路が狭く危険。
②棚板の高さに納まりきらないデスクなどの物品が棚からあふれている
③物品の所有者が不明のものがある

解決策としては、
①通路にモノを置かないように物品の量を減らす
②棚板を調整しよく使うモノを棚に収める
③所有者を見つけ要不要の判断をする


After
f:id:Yuka3:20200112234350j:plain


全体像をお見せできないのが残念ですが、棚板の位置を調整し、通路に置きっぱなしになっていた物品を棚に全てしまうことができました。

一番よく使うモノを倉庫入り口すぐの棚に配置。
写真の場所は、入口から一番遠いため、使っていないモノを配置しました。使っていないモノでも取り出しやすい状態に配置します。

分類は書類、ストック備品、シーズンで使用するモノ、毎日使用する物品などです。

多職種の関わる企業様でしたので、それぞれの職種の方にも一度見て頂き、各部門の倉庫で保管できるスペースがないか、使用するものがないかなどを検討して頂きました。

今までは一同に会する機会がなかったので、モノの要不要の判断ができませんでしたが、今回の作業をきっかけに所有者が明らかになり、他部門で不要と思ったモノが、また別の職種の人に貰われていったりと、不要品が減り良いことづくめでした。


一緒に作業をして下さったスタッフの方々が優秀すぎて、私のディレクション(指示)が間に合っておらず、「次は何をするの?」とお尻を叩かれながらの作業でした。


こう言う時にと思って、完成図を書いておいてよかった!

f:id:Yuka3:20200120113951p:plain


完成図をお見せして、こんな感じにしようと思いますと言うだけで、作業をして下さっていたので、助かりました!
イメージが共有できると、作業が捗りますね!


作業に参加されていなかった方から、「倉庫が綺麗になっていてびっくりした!使いやすい!」とお声を頂きました。
ありがとうございます!
f:id:Yuka3:20191219224535j:plain

次は、予告していた復職後の家事の工夫についてご紹介できたらと思っています。


2/15追記
忘れていません。笑
そのうちアップできればと思います



。*゚゚゚・。*゚゚゚*。・★★。
ホームページ
Correct神戸
゚★★・゚*。。。*゚・。。。*゚


ブログランキング参加中です。
お読みになった方は「ポチっと」下さい。
マウスの人差し指を動かすだけです笑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ